ログイン・お知らせ 産経Web-Sとは 産経eテキストとは The Sankei Archivesとは お申し込み Q&A

入退会について

個人で会員になりたいのですが、決済はどうなりますか
個人会員は、クレジットカード、または「@Nifty」のIDで決済していただきます。詳しくは「お申し込みページ」をご覧ください。

海外からも利用できますか
「産経Web-S」「産経eテキスト」は、インターネットに接続できる環境であれば、どこからでもご利用いただけます。ただし、クレジットカード決済につきましては国内発行カードを所有しているかなど条件があります。詳しくは「お申し込みページ」をご覧ください。 教育機関向け「The Sankei Archives」は、お客様の端末の固定IPをあらかじめ指定していただきますので、国内と国外での併用はできません。

「Web-S」から「eテキスト」、「eテキスト」から「Web-S」へ商品を変更できますか
ご利用の決済代行会社によって方法が異なります。それぞれの手順通りに手続きを進めていただかないと、二重課金される場合がありますのでご注意ください。詳しくは詳細をご覧ください。


退会したいのですが

個人会員の退会手続きは決済代行会社を通して行っていただきます。法人会員、または教育機関向け「The Sankei Archives」の退会は、所定の「購読中止申請」のご提出をお願いしています。

コンテンツについて

掲載される記事はどういうものですか
「産経Web-S」は、産経新聞東京本社発行の朝刊記事、大阪本社発行の夕刊記事を掲載。「産経eテキスト」は、産経Web-Sから写真やイラストなどを抜いたテキストのみのサービスです。「The Sankei Archives」は、1992年9月7日から現在までの東京本社発行の産経新聞朝刊・夕刊最終版の記事と1998年12月15日から現在までの大阪本社発行の産経新聞朝刊・夕刊最終版の記事データを収録しています(東京夕刊は廃止のため2002年3月30日まで)
。地方版は首都圏版などのみ収録。また、著作権の関係などで、収録されていない記事もあります。ご了承ください。なお産経Web-Sをご購読の方は「The Sankei Archives」も同時に利用できます。
見出しは新聞掲載のものと異なる場合があります。

テレビ番組欄は見られますか
「産経Web-S」「産経eテキスト」「The Sankei Archives」いずれのサービスもテレビ番組欄は掲載していません。

毎日、何時ごろの更新ですか
各サービスいずれも朝刊記事は発行当日午前5時頃までに更新します。産経Web-Sのニュース写真は午前8時以降、順次組み込まれます。夕刊記事は午後5時頃に更新されます。

料金・お支払いについて

料金はいくらですか
個人会員は「産経Web-S」が月額2000円+消費税、「産経eテキスト」が月額1000円+消費税です。詳細は各サービス紹介ページをご覧ください。「産経Web-Sとは」「産経eテキストとは」「The Sankei Archivesとは

月途中の入退会の場合、減額や日割り計算はありますか
月の途中で入退会された場合でも日割り計算や減額はいたしません。ご了承ください。

料金の支払い方法は
「産経Web-S」「産経eテキスト」の個人会員はクレジットカード会社を通じてお支払いいただきます。法人会員は弊社から請求書をお送りいたします。教育機関向け「The Sankei Archives」は株式会社紀伊國屋書店を通じてお支払いいただきます。

無料試読サービスはありますか
サービス紹介ページにサンプル版を用意しました。「産経Web-Sとは」「産経eテキストとは」のページでご覧ください。

ご利用環境について

閲覧に必要なパソコンの性能、接続回線速度はどの程度ですか
いずれのサービスもテキストと写真を配置した(産経eテキストはテキストのみ)HTMLファイルですので、一般のWWWコンテンツがご覧いただける環境であれば、問題ありません。

閲覧に必要なソフトウエアはありますか
インターネットエクスプローラーなどのブラウザが必要です。「産経eテキスト」はLZH形式の圧縮ファイルですので、圧縮を解凍するためのソフトウエアも必要になります。LZH解凍に対応したソフトをお持ちでない方は、「Vector」や「窓の杜」などのサイトで入手してください。

閲覧できるOS、ブラウザに制限はありますか
Windowsの場合、98以降でInternet Explorer6以降を推奨します。

Macintoshの場合は、OS9でInternet Explorer5.1以降を、OSXではSafariを推奨しますが、OS X(10.5.1以降)のSafariではお使いの環境によっては、ご覧いただけない場合もあります。その場合は、FireFox(無料)をお使いください(こちらからダウンロード

PDAなどで見られますか
いずれのサービスもフレームを使用しているため、フレーム非対応のPDAなどでの閲覧には適していません。

ウイルス駆除ソフトで閲読に支障が生じることはありますか
代表的なウイルス駆除ソフトでは動作を確認しておりますが、ご入会前にサンプル版にアクセスしてお確かめください。 サンプル版は「産経Web-Sとは」「産経eテキストとは」のページでご覧いただけます。

接続や操作について

ユーザーIDとパスワードを紛失してしまった
決済方法によって問い合わせ先が異なります。詳細をご覧ください。


複数のパソコンで見ることはできますか

基本的にインターネットに接続しているパソコンならばご利用いただけますが、1IDでの同時接続はできません。

どこから産経Web-Sや産経eテキスト朝刊・夕刊にアクセスするの?
トップページ(https://webs.sankei.co.jp)からログインしてください。障害やメンテナンス情報などの重要なお知らせもトップページに掲載しますので、ブックマーク(お気に入り)登録は、トップページにお願いします。

「ユーザーIDの認証に失敗しました」というメッセージが表示されました
お客様のIDとパスワードをご確認ください。IDとパスワードはすべて半角です。また、契約しているサービスのログインボタンを正確にクリックしてください。@Nifty会員の方は@Nifty会員用のボタンからログインしてください。

セキュリティの警告・インターネットリダイレクトが表示されます
問題ありませんので、「はい」をクリックしてください。

Cookieを利用していますか
各サービスの認証にCookieを利用しています。お使いのブラウザでCookieの受け入れ設定をしてください。

産経eテキスト朝刊・夕刊の使い方は?
産経eテキストはLZH形式で圧縮しています。閲覧するには解凍ソフトでファイルを解凍しなければなりません。お使いのパソコンのOSにより、LZH対応の解凍ソフトが異なりますので、お客様の環境にあった解凍ソフトをお使いください。LZH解凍に対応したソフトをお持ちでない方は、「Vector」や「窓の杜」などのサイトで入手してください。

Web-Sの記事のページだけを表示したい(ヘッダーを表示したくない)
「産経Web-S」のフロントページの右下にある「ノーフレーム 印刷・保存用」という画像をクリックしてください。記事だけの表示となり、ページを印刷したり狭い画面で効率的に記事をお読みになりたい時にご利用ください。

きょうの記事が出てこない?
サーバー側ではコンテンツが更新されているのに、お客様のブラウザでは最新の情報に変わらない場合があります。ブラウザのキャッシュをクリアし、再度サーバーに接続することで、お客様のブラウザに最新の情報が表示されます。

困ったとき

Internet Explorerで表示がブロックされることがあります
画面上部のコメントをクリックしてください。「ブロックされたコンテンツを許可」というメニューが出ますのでそれをクリックしてください。一部サービスでJavaScriptを使用していますが、お客様のパソコンに悪影響を与えることはありません。

うまく表示できない、動作がおかしい
パソコン本体やインターネット接続に問題がない場合は「再読み込み」を試みてください。キャッシュのクリアが必要な場合もあります。しばらく時間をおいても同様の不具合が何度も起きる場合は別の問題であることも考えられますので、下記のサポートセンターまでお問い合わせください。なお、障害などの場合には、トップページの「お知らせ」欄で告知いたします。