沖縄集団自決訴訟 元戦隊長らの「無実」届かず 原告弁護士「不当判決だ」
2008年03月28日 産経新聞 大阪夕刊 社会面

 元戦隊長らの“無実”の訴えは届かなかった。28日、大阪地裁で判決が言い渡された沖縄集団自決訴訟。敗訴した原告らは「本当ですか」と絶句、落胆のあまり記者会見に臨むことができず、代理人弁護士が「不当判決だ。控訴審で徹底的に戦う」などと怒りを代弁した。一方、主張がおおむね認められた被告の大江健三郎さん(73)は穏やかな表情で記者会見に臨み、「私は歴史的事実を書いた」と強気の姿勢をのぞかせた。

 (1面参照)



 ◆大江さん「歴史的事実書いた」

 「請求をいずれも棄却する」。午前10時すぎ、大阪地裁202号法廷。深見敏正裁判長が主文を読み上げると、傍聴席は一瞬ざわめき、大江さんの支援者からは「よっしゃ」との声も上がった。大江さんは何度かうなずくように首を動かし、ほっとした表情を浮かべた。

 原告の元座間味島戦隊長で元少佐、梅沢裕さん(91)はかぶっていたハンチング帽を取って着席。元渡嘉敷島戦隊長の赤松嘉次・元大尉の弟、秀一さん(75)は補聴器を付けて判決に臨んだが、主文を聞くと、2人とも怒りで顔をこわばらせた。

 閉廷後、原告側の代理人弁護士が大阪市内の大阪弁護士会館で記者会見。梅沢さんら2人も出席する予定だったが、会見した代理人弁護士によると、全面的な敗訴に落胆しているなどの理由で、出席を見合わせたという。

 弁護士によると、秀一さんは退廷した直後に弁護士に対し、「兄が命令を出していないというのは、裁判所も分かってくれたんですよね」と判決に納得のできない様子を見せ、「それなのになぜ敗訴なんだ」とやり場のない憤りをぶつけたという。

 また、梅沢さんは、集まった支援者から握手でねぎらわれた際、「控訴審でも戦う」と決意を新たにしていたという。

 梅沢さんは昭和33年、週刊誌に「梅沢少佐が自決命令を出した」と報じられた。それ以前に出版された『沖縄戦記・鉄の暴風』(沖縄タイムス社)でも隊長命令説が記述されており、複数の文献で引用され、軍や隊長による命令説が一人歩きしていた。

 梅沢さんは「お国のために戦ってきたのに、なぜ事実がねじ曲げられるのか」。秀一さんも「兄の無念を晴らしたかった」と高齢を押して提訴。約2年8カ月にわたり、法廷で“無実”を訴えてきた。

 一方、大阪司法記者クラブで記者会見した大江さんは、欄外にまでびっしりとメモが書き込まれた原稿用紙を手元に置き、報道陣をまっすぐ見据えながら質問に答えた。

 「大勢の沖縄の人たちが軍に強制されて自殺した。私は歴史的事実を書いた」

 訴訟は、元戦隊長らを含めた「軍の自決命令」の有無が最大の焦点だった。会見で大江さんは「裁判所に『沖縄ノート』を読んでもらえたら、(主張を)理解してもらえると思っていた」と強気の発言。判決は「自決命令が真実とは断定できないが、合理的資料などがある」との判断だったが、大江さんは「裁判所はよく(沖縄ノートを)読み取っていただいた」と評価した。

 さらに、判決の意義や与える影響として「軍の関与はすごい強いものだと思う。教科書に『関与』という言葉しかなくても、その背景の意味を教えることができる。今度の裁判で『沖縄ノート』が敗訴しなかったことは、教育の場所で例に引くことができる出来事だと思う」と述べた。

 また、大江さんの弁護団は訴訟を総括し「大江さんと岩波書店が訴えられたのではなく『集団自決が日本軍の強制ではない』と歴史を塗り替える目的で起こされた裁判」と原告側を非難した。



 ◆日本語ねじ曲げ/極めて妥当

 「新しい歴史教科書をつくる会」の藤岡信勝会長の話「全くの不当判決だ。大江氏は『沖縄ノート』で根拠なく隊長命令があったと明言し、なかったという住民らの証言に耳を傾けようとしなかった。さらに自決するなと言わなかった元隊長の不作為を《命令》だったと、裁判のための理屈を並べた。この論理が法廷で通用するはずがない。大江氏ほどの文学者が《命令》という日本語をねじ曲げていることにほかならない。最近は座間味島の元隊長が、自決をするなと止め、自決のために忠魂碑前に集まった住民らを解散させたとする証言も出てきた。いまだ命令があったとする主張を続けるのは許し難い。それだけに全く想定できない判決で残念だ」

 元沖縄県知事の大田昌秀琉球大名誉教授(社会学)の話「集団自決への軍の深い関与を認め、原告の請求を棄却した点では極めて妥当。大江健三郎さんらの記述に対する評価も正当で、司法に対する信頼感を取り戻す判決と言える。しかし自決命令を『断定できない』としていることには首をかしげる。文書にせず口頭で下達をしたことは陣中日誌にも書かれており、軍が民間人にも直接命令をしていたことは明らかだ」



 【写真説明】

 大阪地裁の廷内に着席した原告の梅沢裕さん(右)と赤松秀一さん=午前10時3分

 【写真説明】

 判決に臨む作家の大江健三郎さん(中央)=午前10時3分