扶桑社版、引き続き採択 都立中学で使用の歴史教科書
2009年08月15日 産経新聞 東京朝刊 東京ニュース面

 都教育委員会は14日、臨時会を開き、視覚障害特別支援学校を除く都立中学で来春から使用する歴史教科書として、引き続き扶桑社の教科書を採択した。

 白鴎高校付属中学など6校と来春開校する富士高校付属中学(仮称)など4校、特別支援学校20校1分教室が平成22、23年度の2年間、使用することになった。対象の生徒数は計約2380人。

 この日の臨時会は公開で行われ、教育委員6人が9社の教科書を対象に審議。無記名投票の結果、5人が扶桑社版を支持し、賛成多数で採択された。意見などは出なかった。扶桑社版の採択に反対する市民グループなど20人が傍聴したが、混乱はなかった。

 採択後、木村孟・都教委委員長は「委員は(教科書を)十分読んで、それぞれの判断での多数決なので、(採択結果は)よろしいのではないかとしか言えない」と述べた。

 今回は、新しい歴史教科書をつくる会(藤岡信勝会長)のメンバーらが執筆した自由社の教科書も候補に挙がったが、採択されなかった。自由社版は扶桑社版と記述の8割が共通。扶桑社版とは、「昭和天皇のお言葉」に1ページを割り当て、見開きで昭和天皇について記述し、戦艦大和の戦いについても1ページを割いた点などが異なっている。

 つくる会のメンバーらが執筆陣となった教科書は、扶桑社版が12年と16年に検定に合格。しかし、編集方針の対立からメンバーが分裂した。藤岡会長らは現行の扶桑社版について22年度以降の出版差し止めを求め東京地裁に提訴し、著作権をめぐり係争中。

 都内では杉並区教委が12日の定例会で扶桑社版の継続採択を決定した。一方、自由社の教科書は横浜市の8区が採択している。