「つくる会」執筆教科書 自由社版、横浜市採択
2009年08月05日 産経新聞 東京朝刊 総合・内政面

 横浜市教育委員会(今田忠彦委員長)は4日、平成22年度から市立中学校で使用する歴史教科書について、「新しい歴史教科書をつくる会」(藤岡信勝会長)が執筆の中心となった自由社版を、市内の18区中8区で採択した。

 同社の教科書が採択されたのは全国初。71校(生徒数約3万9000人)が対象となる。

 つくる会が手がけた教科書は扶桑社版と自由社版の2種類があり、記述の8割が共通している。同会が編集方針などで扶桑社と対立、版元を移して発行したのが自由社版で、今年4月、文部科学省の教科書検定に合格した。

 定例会では教育委員6人が7社の教科書を対象に審議。自由社版については「知識を身につける上で分かりやすい」「高度なところがある」などと意見が分かれ、18区ごとに無記名投票を行った結果、港南、旭、金沢、港北、緑、青葉、都筑、瀬谷の計8区で自由社版が採択された。他の区では東京書籍か帝国書院が採択された。

 つくる会の藤岡会長は「教育基本法改正後に書き直された唯一の教科書で、公平に評価されれば必ず採択されると信じていた」とするコメントを出した。