【教育】センター試験 日本史で不適切問題 つくる会が申し入れ書
2009年02月18日 産経新聞 東京朝刊 

 1月に行われた大学入試センター試験の日本史の問題について、「新しい歴史教科書をつくる会」(藤岡信勝会長)は12日、大学入試センターに「南京での虐殺事件や、関東軍による張作霖爆殺事件など、学会でも異説がある事柄を歴史事実として扱っており、入試問題として不適切」とする申し入れ書を送付した。2月末までに見解を示すよう求めている。

 設問は、「日本軍が南京を占領するに際し、捕虜や非戦闘員を殺害」「関東軍参謀河本大作らが、張作霖を奉天郊外において爆殺」など3つの文章を年代順に並び替えるもの。

 つくる会は「南京で虐殺事件が起き、河本大作が爆殺の実行犯と断定しなければ解答できず、特定の歴史認識を強要、誘導する設問」と指摘している。

 センター試験の問題をめぐっては過去にも「強制連行」を史実として扱うような出題があり、批判された。